スマートフォン用超大容量ポータブルソーラー充電器です

一、12000mAhのスマートフォン用の超大容量の携帯(ポータブル)充電器です。

スマートフォン用の充電器で軽量小型のソーラータイプはあまり意味がありません。

仮にiPhone4の2回分の充電に相当する3000mAhのバッテリー容量であれば、通常AC電源で充電するのに3-4時間かかるところ、ソーラーでは30時間かかります。

つまり、ソーラーはとても便利なようでいて、実はあまり使えないのです。

ソーラーに重点を置くならば、ある程度高変換効率で、表面積も大きくとったタイプが必須です。

この超大容量の12000mAhのバッテリー容量であれば、かなり役に立ちます。

サイズは168×98×26mmで重量は650gですが、USBで4時間、快晴時にソーラーで10-15時間でフル充電ができます。

携帯型のポータブル充電器はバッテリー容量と価格がほぼ正比例します。

下の図はネットで購入できる充電器のバッテリー容量と価格の関係を示したものです。

この製品は図の赤で囲った値に相当します。

20110809-12000.jpg
二、スマートフォン用大容量ソーラー携帯充電器SOLAR & USB SUB BATTERY。

この携帯充電器のバッテリー容量は1350mAhです。

下の携帯充電器のバッテリー容量と価格の比較グラフの赤丸がこの製品の位置づけです。

これは大容量バッテリー充電器の比較表ですが、大容量バッテリーの下限値がこの1350mAhくらいでしょう。

これより容量が小さいと、スマートフォンの場合、フルに1回充電ができません。

iPhone自体は他のスマートフォンに比較してバッテリー容量が小さいようで、だいたいこのバッテリー容量で1回分に相当しますが、他のスマートフォンの場合は、1回分に満たないケースもあります。

20110806容量と価格補助線入り番号付きA.jpg

三、スマートフォン対応超軽量ソーラー大容量携帯充電器

下のバッテリー容量と価格のグラフを見ると、赤丸で囲ったこの製品はかなり割高です。

その最大の理由は重量ではないかと思われます。

この商品の重量は119gと超軽量です。

たとえば同じ容量のBは138gです。

Cだと140gです。

そのため割高感があります。

20110806容量と価格補助線入り番号付き超軽量.jpg

四、るスマートフォン対応の大容量ソーラー携帯用充電器

携帯充電器はバッテリー容量と価格がほぼ正比例します。

ネットで買える大容量携帯充電器のバッテリー容量と価格をグラフにしました。

図の赤丸がこの商品です。

20110806容量と価格補助線入り番号付きアマゾン.jpg

This entry was posted in 超激安 バッテリー充電器 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply